話題のオルチャンメイクとドファサルメイクの違い

 

 

韓国の有名人を中心に若い女性に流行しているメイクは日本の女性たちの間でも大きな注目を浴びています

 

 

その代表となったのがオルチャンメイクと呼ばれるもの

 

 

その意味は「最高に可愛い顔」透明感のある陶器肌にくっきりとした印象の瞳はまるでお人形さんのようです。
メイクのポイントとなるのは目尻を「くの字」にするアイラインとぷっくりとした涙袋です。

 

 

そしてハイライトとローライトを駆使して作るスッと通った鼻筋と、ある程度の太さを持ち平行気味に描く眉毛は清楚な印象をも作り出します。

 

 

また同じく韓国初の流行メイクとして話題になっているドファサルメイク。
その意味は「世の中すべての男性を魅了する」という色気漂う顔になれるメイク。

 

 

オルチャンメイクとの一番の違いは色使いで、ドファサルメイクは何といっても「赤み」をポイントにしています。

 

 

目元や頬、唇に赤や赤茶の色を使いほんのりと赤らんでる顔を作ります。また目尻のラインははね上げずに下げ、唇は内側に赤いティントだけで仕上げます。

 

 

これでどこか儚げで、恥じらいのある印象になります。

 

 

赤色を使いながらも決して協調しすぎず、でもしっかりとした雰囲気を作り出してくれる女性必須メイクです。